あなたは夢の人ですか?

私と出会う10年前に私を夢で見ていたという夫とのおはなし。

それは本当に”流れ”???パート5

 

utyuufamily.hatenablog.com

 

すっごくお久しぶりですが、本編の続きです。

 

 

「次は、女の方だけど、70過ぎてるかただから大丈夫でしょ?1か月で短いからいいかな?」

彼はそう言い放ちました。

ここまでくると、さすがにばからしく

たしかに前は、彼と同年代の方でした。

それは普通に腹が立つ。

でもだからといって、年が上なら行ってもいいわけではない。

このタイミングでか。

ただただ、悲しみの方がでてきました。

 



「行きたいなら行けば。でも、1か月だとしても、そのときには別れるから。」

いまから、離婚に向けて動いて、一緒になろうという矢先にこれなのか。

この人とは、結婚しても安心感まったくないわっておもいました。

 

 



それなのに、なぜ、別れ難いのか・・・。

 

 

前回の時と同じく、そのかたにも、「まずは、大切な人に一緒に行っても大丈夫か確認します!」って言ってくれて、ちゃんと私に確認はしてくれてるのだけどね。


それはいい。

 

だけどね!!

・・・・なんだかね!!

 

違うっ!!

そうじゃない!!

 

 

 

この、立て続けに起こった、彼が女性に長期旅行に誘われる、そして、なぜか彼がそれを検討している・・・というイベントは、わたしにとっては、嫌なものは嫌と言っていい。本心を隠さなくてもいい。嫌と言ってそれでダメならそれでいいじゃないというぶぶんの体験を覚悟をもってするということだったみたい。

 

そんなことは、ほかの人にとったら、大したことがないかもしれない。だけど、この時の私にはおおごとだった。周りの人にとっては、けして、意見を言わないタイプでもないし、むしろ、いろいろと言ってるふうにみえる私だったけど、核心ぶぶんはどんな時も実は伝えていないことが多かった。

 

なんか、この頃は、なにをしても崖っぷちの気分で、いまなら、その感覚を楽しんでいたんだなって思うけど、あの時は本当に精一杯で(笑)

 

彼にとったら、ほんとはお前はどうしたいんだ?何が望み?って確認する作業を分かりやすく何度もすることになった感じでしょうかね?

 

彼にとったら、どれもこれも流れのようにみえる。

それを流れのように受け取るか、どうか。

自分次第にでいかようにも受け取れるし、どれもこれも選ぶことができる。

お前の本当に選びたいことはどれだ?

 

1)いかにも、すてきな流れからきてるかのようにみえる海外への旅行??

2)それとも、いかにもこちらも完璧な流れから来てる、じぶんが10年前に夢で見ていたやっとであったと思っている彼女(私)との未来?

 

 

とはいうものの、この頃の彼は、私が本当に離婚に向けて動きそうで怖いのと、私が本当に離婚に向けて動いてくれないのではと思うと怖いのと、両方だったみたい。

旅にでることで、それらから逃げ出したかったのもあったらしい。

 

彼の意図はこんな感じ?

彼が、これまでに宇宙にあげた願いと最近の願いがごちゃまぜになってかなっていた。

 

・この場から逃げたい

・インドに行きたい

 (二つは別々の願い)

 

そこに、私にカルマ的に絡んでいる状況のエネルギーが絡まった。

自分の持ってるエネルギーは、それに似た状況を良くも悪くも引き寄せます。

なので、不安材料がそこにオン♪

 

 

イベント発生

じゃじゃ~~~ん(笑)

 

<選択イベント:女性の人が長期インド旅行に彼を誘う♡>

 

 

 宇宙は、ミラクルやね。

 

 

魂の統合

小さい頃からガーディアンさんたちと、やり取りをしてきているのですが、旦那さんに出会う前に、彼らと、”ある会話”をしていました。

 

それは三位一体の話。

 

彼ら二人と、私の三人で、”三位一体、ひとつの魂だよ”・・・という話をカミングアウトされていました。

 

この二人は、数いるガーディアンさんの中でもメインでいつもお話している人たちです。片方は、本当に私が小さ~~いときからそばにいましたし、もうひとりは大人になってから現れました。

 

ふーん。

三人でひとつなんだ。

おもしろいねぇ。

この頃の私は、魂が、いくつかでできているとか全く情報がなくて、面白い話もあるもんだねえと思っていました。

 

この頃、彼らは、陰と陽の話もしてくれたし、彼らと合併?結合?一体化?なんていうのかな、うまい表現がわかりませんが、ひとつになるんだよという話もしてきていました。

 

彼らを個の存在としてお兄さんのようにしたっていた私としては、ひとつになったら、いなくなるのか?とすごく悲しくなった覚えがあります。

 

結局、統合!・・・あ、そうそう、彼らは”統合”って言葉つかってました!

 

統合したあとも、彼らとのやりとりはできたので、ほっとしました。

 

その統合後、いまの旦那さんが現れます。

ガーディアンさんたちとの統合が終わってからすぐのことでした。

 

そこから、”あなたは夢の人じゃないですか?”、”私たちツインソウルじゃないですか?”という話につながっていきます。

 

・・・と、統合と、ガーディアンさんたちにいわれてるので、タイトルもそう書きましたが、統合して何が変わったか。

 

うーーーーん。

 

何がと言われてもわかりませんが、なんでしょうね。

しいていえば、じぶんのことが好きになったし、じぶんの責任はじぶんでもとうという意識、崖から飛び降りるくらいの気分の体験をしてでもじぶんのこれまでのパターンをかえていく意気込みという部分だけは強くなっていた気がします。

 

とにかく、ガーディアンたちとやりとりをずっとしているわたしではありますが、ベースは三次元的体験(笑)←この時点では、十分に五次元てき体験もしてきてはいるんですけど、まだまだ人生において、経験と感情が一番大切だぁ~~と思っていました。今もベースにその気持ちはありますが、少し固執するくらいの感情でもあるので、きっと、これは誰かの感情なんだろうなぁ(笑)この感情がだれかのもとに帰ってなくなったときに、はたして、わたしは、その時もそうおもっているかな?

楽しみです。

 

(そうそう、それと、これを書いている”現時点”では、崖から飛び降りるくらいの体験なんかしないで、楽に、パターンをかえるよ~!とおもっています・笑)

 

ざっくりいえば、ガーディアンさんのいう”統合”というものをしたことで、どんどん何者にもなれるチャンスができた、みえるようになった、手に届くようになったという感じかなぁ。

 

 

↓統合後、

ガーディアンさんの一部を色濃くもった旦那さんに出会うまでのお話。

utyuufamily.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

私の潜在意識が語ったこと

出会って一年くらいたったある日、ぬりえセラピーをする機会がありました。

どこかのイベントででていたブースで、子供達としてみました。

ぬりえセラピーは初めてです。

ちょっとした自分診断のつもりで気軽な感じでうけたのですが、このあと、すごい衝撃を受けました。

 


ぬりえ類や、お絵かきなど、いつも直感でしていて、あまり考えずに塗るのだけど、この日は、色々と考えながら塗ってました。直感でワ~~~ッとしてしまうわたしにしては、考えながら塗るのはとても珍しいので、塗りながらそんな自分は珍しいなと思いつつ塗っていました。

 

f:id:utyuufamily:20161223072911j:plain


《この妖精さんは緑の方は私。
もう一人も私。
二人とも自分♡
二人でハート持ってる。
もう一人の妖精さんは何でか肌色しか塗れない気分なんだけどなんでかな。
・・・そして、ハートをもった私の周りが虹色に輝く》

 


そんなことを思っていました。
このあと、ぬりえセラピーの先生の説明してくれて、びっくりします。


妖精さんの相手に誰を思い浮かべましたか?”と質問されます。
私は”両方自分”って答えました。

 

一人は緑色。

一人は肌色です。


当時の彼の口癖は、《筋肉は緩めた方がいい》
肌色の意味は《筋肉を緩める、受け入れる》でした

その色の話を聞いたら、自分だと言ったもうひとりの妖精は、もう、彼でしかないように思えました。

 

”二人共自分”と答えた私、もうひとりの妖精さんを表す色の意味は彼を彷彿とさせるキーワード。

 

二人で♡をもっている。

 

二人の周りは虹でキラキラ。

 

今後の展開も楽しみになりました。

このイラスト自体は、まったく双子の魂やツインソウルを診断するものではないのですが、私にとっては、彼が双子の魂の片割れなんだと自覚させられるものになりました。

 

 

彼の場合の、自分だけが理解できる相手が魂の片割れだということを示す事柄

彼が、10年前に夢で私を見て”結婚”というキーワードを受け取っていて、私を見つけた・・・という話から始まっていますが、私と出会ってから、彼が一番衝撃をうけていた宇宙からのツインソウルのお知らせはこちら。

・・・。

 

 

であった当初、彼とのあいだで、チーズというキーワードを含むシンクロが何回もあったときのことです。ある日、彼が、「○○ちゃん、メッセージがあった。すごいぞ!!」と連絡してきました。

 

f:id:utyuufamily:20161201164414j:plain

 

送られてきたのはこれ。

彼が友人とファミレスに行った時に見つけたチラシです。



”ハン → 半分半分の林檎”
”バー → エジプト神話から<魂>を表す魂”
”グ → 身・体腕。”
”チーズ → 切っても切れない ”

って、読めるんだよね。

 

「私たち、やっぱりツインソウルなんじゃないか??」

 

タイトルが、「あなたはどれ?」というところもポイント♪だそうです。

 

”あなたはどれ???”って、どれも”チーズインハンバーグ”(笑)

 

メッセージって、大概、本人だけがしっくりわかるようなもの多いのだけど、これは、本当に彼しかわからん(笑)バーが魂ってこのとき初めてしりました。

 

 

私の場合の、自分だけが理解できる相手が魂の片割れだということを示す事柄

私は、結婚したあとに、”私にとっての最大の種明かし”がありました。

 

その最大の種明かしまでにも、見えない世界からの同じ内容のメッセージは何度もたくさんありました。

 

それを踏まえての、この日だったので、なんか、すごいなこの演出(笑)としかなかったです。


まず、今、私についてくれてるガーディアンさんの中にロイさんという方がいます。

 

この方は、いつかの転生、次元において、私が<”地球に転生したい”とお願いした相手>のいつかの姿です。

 

また、幼稚園の頃からずっと認識していて、そばにいてくれた存在でもあります。

 

頼んだ時、ロイさんは”しかたないなぁ・・”と言って、私の魂の地球行きが決定しました。

 

私の中には、わくわくしかなく、ロイさんのほうはあなたが言うなら仕方ないなぁ(本当はそんなにいきたくないけど、あなたが行くって言ったらきかないからついていくよといったニュアンス)のやりとりがありました。

 

この記憶ですが、彼に会う前から思い出していたものです。

 

ツインソウルのシステムのことはよくわかっていないですが、自分だった存在が、ロイさんだった存在におねだりして地球にきたという記憶があります。

 

 

また、ブログの最初の方にも書いたのですが、"メインガーディアンの二人と私の三人でひとつの魂"と教えられていて、そのうちのメインガーディアンさんの一人がロイさんです。

 

ロイさんは、彼だけでもちゃんと陰陽成立した存在でもありますが、三位一体として考えたときに、陰の性質が多めのようです。

 

ちなみに、私も両方の性質は持っていますが、何方かと言えば陽だそうです。


そのロイさんですが、よく、数字でじぶんのことを101と表していました。


ロイ→Loi → loi →101 。


会話的なやりとりもできるのだけど、ロイさんは、基本、数字を使ってのやりとりが好きなので、数字でメッセージを伝えることも多く、その際には、俺だよーのアピールも忘れません(笑)

 

そんな感じで、長い間、私には馴染み深かった101=ロイさん。

 

そんな中、家族での旅行中に発見したのですが、彼が着ているジャンパーの袖口に101がありました。

 

f:id:utyuufamily:20161222204515j:image

 

"ロイマーク"がついていました。

 

いつから、そのジャンパーを持ってるん!?

実家においてあったジャンパーを引っ張り出してきていたので、わたしは、それを見るのは初めて。高校の時から持っている服だそうです。

 

101がロイさんだとこれまで認識してきていた私。そんな感じの中、見つけたマーク。101なんて、なかなか入ってないような数字が入っていて、もう、彼がロイさん系列の魂ではないという証拠探しの方が難しいのではないかというくらいの衝撃を受けました。この衝撃は、なかなか伝わりづらいのかな。

 

(このマークに出会う前にもいろんな伝え方で、彼がロイさんの流れを汲んでいることは伝えられてきました。このジャンパーに出会うのは結婚して一年半後のことです)

 

それにしても、私にミラクルを感じさせるための仕込みが出会う10数年前にすでにされてるのがびっくりします(笑)



子供たちのプレゼントの中にもツインソウルを表すメッセージが(笑)

ツインソウル?魂の片割れ?本当に??と、模索中のときや、そういったことをあまり考えなくなっていた時など、折々に、メッセージがやってきました。

順不同で、少し、ご紹介。

 

f:id:utyuufamily:20161222082541j:plain


結婚してから、子供たちからいただいた誕生日プレゼント。

私と彼は、誕生日が一ヶ月と離れていなくて、近いので、まとめてお祝い。

 

私たちが 双子の魂 だとかまったく知らない子供たちからのバースデープレゼントは、イラストでした。


上の子からは、私と彼の”2枚で1枚”になるペアカード。

繋げると真ん中にハートができる。


下の子からは、私には”陰と陽”の天使。

彼のは”ツインソウル”っていう石の絵。

彼が下の子のイラストを見たときに「あっ~~~!」ってなってました。

私と下の子は、その石の名前は知らなかったのですぐにはきづかなかった。

 

石好きの彼からたくさんの石をみせてもらっていた下の子。

その中から、思い出して描いたのはそれでした(笑)

 

そういった話は全く子供の前ではしていなくて、本当にびっくり。

 

 

ツインソウルのよく書かれている特徴と、私たちの場合の比較 パート4

<おねがい>

初めてご覧になられる方は、ツインソウルの特徴や、ツインソウルについての私の見解などがかいてありますので、下記リンク先からさきにご覧ください。

utyuufamily.hatenablog.com

 

ではでは、よく言われる特徴と、私たちの場合の比較の続きです~。

 

 

 

⑩流れは味方(人生の転機)
自分としては、けっこうに大変だと感じる決断を迫られることが多かったです。

けっこうどころか、崖から飛び降りるくらいの決断かも。

ほかの人から見るともしかするとそこまでではないことも、その時の自分には命懸けに感じています。でも、そのたびに、自分のなかの、一番進みたい方へと、覚悟決めて、決断をして実行していたら、あとは、ビックリするくらいに勝手にコロコロと物事が進みました。そして、どのときも、着地点は自分の想像のはるか上でした。

 

ただ、毎日毎日に本当にいろんな感情が溢れていて、新しいしらなかった過去世もこれまで知っていた過去世も浮上して、さらに目の前の現実もどんどん動いて、そんな状態をいろんな視点でみていて、いろんな自分やいろんな彼を観察していて、一日が何百万年ずつすすんでいる感覚がありました。不思議な感覚。

 


⑪拒否・拒絶

 

逃げたくなる事象や、感情はお互いの身の上にたくさん出てきました。そして、その度に、互いに逃げる口実にできる出来事も起きました。

 

でも、そのたびに、私たちの場合は、お互いの人生のテーマにかんじていた「後悔のない人生をおくりたい」それだけの気持ちで、まっこうから向き合っていました。

 

別に、かっこいいことを言ってるわけでなく、むしろ、それが”自分縛り”にも近いものとして、自分たちの中にありましたので、正直、本当に辛かったです。

 

お互い、どうしていいかわからない立ち場の相手。常に手探りで、自分の覚悟の確認というか、そういったことをしながらの前進でした。だから、落ち着くまでは、本当に、楽しいと、しんどいの振り幅がでかくておかしくなりそうでした。

もともと極端な気質ではあって、ガーディアンたちには、もっと”中庸”に・・・と言われていたけど、そんな言葉吹っ飛ぶくらいに振り幅広くバランス悪かったです。

 

拒絶という点では、よく、めのまえから彼がいなくなるというのもかいてありますが、わたしのほうは、実際に、男性が目の前からいなくなる期間・・・というのは体験していないかもです。もしかしたら、最初の二週間の彼の一人旅が、男性側が離れていった期間にあてはまるよというならそれなのかもしれないです。そのときの理由が、私との関係に耐えられなくなって、自分を見つめるために・・・ってことだったから。でも、毎日毎日、メールで通常よりも多いメールでどっぷり一緒にいたかんじではあったし。

 

 

 

 



⑫誕生日が近い
月はちがうのですが、20日くらいしか変わりません。

 

 

 

✿今回、自分たちのパターンと比べる特徴一覧✿

・出会いは明るい公共の場

・初めてあったのに懐かしい

・男性側から愛情のアクション
・身体的特徴が似てる
・私の名前の中に彼の名前
・年の差がある
・同じ地域に縁がある。似たような所に出没
・自分に向き合ってから
・シンクロが多い
・相手はまるで自分

・流れは味方
・拒否・拒絶
・誕生日が近い
・今までの恋愛対象と真逆
・他人という自分