あなたは夢の人ですか?

私と出会う10年前に私を夢で見ていたという夫とのおはなし。

それはどこまで大切なこと?

就活の話もひと段落したので、ここでちょっとここでまたまた脱線話でも・・。



わたし的に、離婚したあとも、彼と同棲始めてからも不安だったことの話。


であって、まだ一年たたない頃の私の心模様の話を少し。


『ツインソウルと、一緒になって地球の転生を終わらす。これで最後にするんだ!』

出逢った当初、よく彼が私に言っていました。付き合ってるあいだも、その言葉がすごく引っ掛かってました。

 

それってさ、彼の思うツインソウルであることが大切であって、本当は私がツインソウルだよ・・・という人が別に現れたらどうなるんだろうか?この人は簡単にいなくなるんだろうか?・・・という疑問が発生していました。

 

その当時の彼から発する言葉や、行動には、一切そんなことは感じられる節はまったくないのだけど、わたしの自分のなかにある”完全なるヒトリ淋しいモノガタリ”が、そのいつかの言葉を掘り起こしてきては不安だよ~~~って悲鳴をあげて発動していました。この感情は私のように振舞ってくるけど、じつは私ではなかったりする。本当にじぶんのことのようにつらいのだけどね。味わい尽くすのを選択するのもありだよね。

もうどうしようもなく、いてもたってもいられなくて、彼に聞きました。

『もし私がツインソウルじゃなかったり、この先も、まだまだ葛藤が浮上するばっかりで、喧嘩ばかりだったらどうするの?

したいといっていた地球の転生を最後にすることができなかったらどうするの?』


彼がそんな理由でどこかに行ってしまうのではないかという不安で仕方ない気持ち、そんなこと(ツインソウルネタ)のために、この人生を、この人と一緒にともに在るなんて絶対に嫌だって言う気持ちとでグルグル悶々としてました。

この頃になっても、魂の片割れとか、ツインソウルとかという言葉は私には正直そんなに思い入れはありませんでした。

 

思い入れはないけど、思い入れのありすぎる彼を見て、どうするんだ私?どうなるんだ私???~~~と、オタオタはしていたかと思います。

 

 

 

その頃には、(君たち魂の片割れですから~)と、みえない世界からもたくさん言葉は届けられていましたが、その情報を聴く上でのやりとりなんかは、楽しかったは楽しかったのですが、それでも、今現在の私には、そこは別に重要ポイントにはなりませんでした。

悶々としている私に彼から来た言葉は、

『正直、地球の転生を終わらしたい気持ちは今も正直ある。

だけど、たとえ今回できなくても、

おそくなったとしても、
あなたと一緒におりたいと思った』




あれほど、転生を最後にすると豪語していた彼だったのだけど、

できないならそれでもいいやって言ってくれたことが、とても嬉しかった。

やっと、ちゃんと、結婚に対して本当にちゃんと自分もむきあえる・・・そう思えた瞬間でした。

 

それにしてもね、こう書きながら思うには、”ツインでなくてもそうであっても私を愛してね”・・・といった女心でしょうか(笑)客観的にみるとね。ようは、ツインと言った言葉よりも、さらに愛されたい(←欲深)

 

まぁ、そんな欲深なことおもうなんて・・・なんていわないでくださいね(笑)

 

相手が幸せであるならいい~、一緒じゃなくてもいい~~・・・って思えるのがいい~~~みたいな話もちらほらあるし、実際、私もそんな気分になったこともあるけど、だがしかしだ。

 

それすら最終的に選んでもいいんだな。

 

どうせなら、自分の思う二人の形を満喫したい。

 

・・・と思ったら、やっぱり、ツインネタでくっつくよりかは、断然、そんなネタ云々の相手だよ~~~ってことよりも、私を好きでいて欲しい。

 

そんな気持ちはもっててもいい。

 

そんな下世話な愛はツインの愛ではないわ~~~って言うなら、その人にとっては、ツインとは そういった形ではない。それだけのこと。

 

ツインが、たくさんいるなら、愛の形も、生活スタイルも、何もかもが千差万別であっていいはず。目指すところが同じ、こういう形の行き方がツインよってのがそもそも間違い。

 

捉え方、感じ方、みんな全て違う。

 

魂なんて大きなククリでみたら、みんな妻で、みんな夫で、みんな兄弟で、みんな家族で、わぉ~~~~ってなるじゃんね。←なんだ、わぉ~~~って(笑)

 

たしかに、いつかの片割れであったとしても、決めてきたとしても、そうであってもなくても、そんなこといったら、みんないつかのいつかのいつかのいつかのいつかのいつかの片割れだったりして(笑)だって、宇宙はひとつだもんね。

 

そんなでっかい話はいらねーや。

 

・・・と、今の私はおもうのですが、

 

 



この言葉を聞いたときに、私の魂の方には変化がありました。
残念ながら色恋の話ではないけど、別のところで思わぬ反応がでました。

 


地球が大好きでおねだりしてこちらに生まれてきて転生を続けていた私の魂。

地球から出るなんて考えたくもなかった。

それが、変わりました。

もう、そこにこだわらなくてもいいや・・・。

そう思ってる自分がいました。びっくり!

 

ほうほう。

 

わたし、地球の重力から解き放たれてしまったのね。

 

次はどこに転生しようかな~~それとも、宇宙の大元に戻っちゃうかな。

 

・・・と、スピリチュアルな展開になるかとおもいきや、脳内で、「重力にしばられた地球人が」・・・となぜかガンダム調のイメージが展開されているという(笑)

 

そして、彼にとっての魂の片割れ話は、今回地球の転生にかぎったことのよう。

地球にくるときでるときの話らしく。ふふふ。

 

 

と、話は、ずれましたが、伝わりづらいかもしれないけど、私の中では、これはとってもとっても重要で、なおかつ、とっても、びっくりするくらいの変化なんです。

 

私の魂さんは、この地球での転生にすごい思い入れがあったようなんですよ。はい。

 

 




・・・と、上記の、感情のお話は、彼からのプロポーズを二ヶ月ほど前のことです。


そして、お誕生日の日に、正式にプロポーズしてもらいました。

正式に・・・といっても、すっごい冗談めかしてです。

 

 



あとね、このプロポーズの時点では、まだ、彼自身が同棲前にもあれだけあんなにこだわり続けていた正社員にはなっていませんっ(笑)

 

 

 

 

 

 



でも、私はどのタイミングでも嬉しいんだなぁ~~

プロポーズは、同棲を始めて6ヶ月後。
出会ってから1年と2ヶ月。

結婚するのはここからまた四ヶ月先になります。

 

 



そうそう、離婚したら女性は6ヶ月結婚できないんですよぉ~~
みんな学校で習ったって言うけど、習ったのかな??すっかり忘れていましたわ。



手のむくむタイミングも同じふたり
びっくりするくらいにまるまるのパンパン。

手をつないで寝てしまった彼。
離せません。