あなたは夢の人ですか?

私と出会う10年前に私を夢で見ていたという夫とのおはなし。

じぶんの変化

 

utyuufamily.hatenablog.com

 

私は、また、彼が煮え切らない、逃げたセリフを吐いたのだと悲しくなりました。

 

”そうなった時には、そのときはちゃんとする・・・”

 

今なら、彼にとっては、精一杯のセリフだったとわかるのだけど、離婚にむけての保証がどうしてもほしかったその時の私には、これっぽっちもわかりませんでした。


この時点で、彼と出会って、5ヶ月でした。

この頃も、相変わらず、たくさんのメールは毎日続きました。

その間も、いろんな過去世の感情が浮上したり、現在の感情でとまどったり。

会うと喧嘩するのも相変わらずで、だけど、会ってる時のエネルギーの気持ち良さも相変わらずでした。

 

この頃、”じぶんの本心を言っても大丈夫”とやっと思えるようになりました。

 

重ね重ね言いますが、特に、じぶんの意見を言えないタイプでは決してなかったのですが、じぶんでは、全てさらけだしていっているわけではなく、大切なことは言ってしまうと関係性がこわれてしまうと、そう感じていました。

 

そうおもってしまうのは、過去世からくるものでしたが、どうにか客観視して、そこから感情を切り離しても、すぐにのみこまれ、また何度も浮上しては、のりこえられなかった部分でした。

 

彼と出会ったことで、変化が起きました。

 

思っていることを言っても、変わらずにそばにいてくれる彼に、これまでおもっていたとらわれていた思考をそう思わなくても良い許可が自分に出たようでした。

 

どれだけ言っても大丈夫なのか?

本当に大丈夫なのか?

ちょっとひどいことを言ってみたり、してみたり・・・しました。

 

それでも、変わらずに、いてくれたことに感謝します。

 

あれほど、思っていた凝り固まっていた思考は、いまは、嘘のようになくなっています。どれだけの想いがあって、あこまでかたくなになっていたのか。

 

今回の件のようなことは、もしかすると、ほかの人とでも、それは許可を出せたと思います。その想いを手放す方法も、たくさんあります。なにか肉体を持った人として実行することでもできるし、エナジー的になにかをすることで、手放すこともできる。

 

この頃は、肉體をもった次元にいるのだから、崖から飛び降りる気分であったとしても、肉體的に、選択、実行することで、違うパターンを生きようとしていました。

 

この”本心を言ってもいい”と件に関しては、これまでに、そうしたいとまでは思えなかったところがそう思えたというところが彼とのあいだでおきた作用でミラクル。

 

(いまは、エナジー的に解放でも十分OKだと、どちらでも、その時々でいいと、許可を出せています)