読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたは夢の人ですか?

私と出会う10年前に私を夢で見ていたという夫とのおはなし。

私の潜在意識が語ったこと

出会って一年くらいたったある日、ぬりえセラピーをする機会がありました。

どこかのイベントででていたブースで、子供達としてみました。

ぬりえセラピーは初めてです。

ちょっとした自分診断のつもりで気軽な感じでうけたのですが、このあと、すごい衝撃を受けました。

 


ぬりえ類や、お絵かきなど、いつも直感でしていて、あまり考えずに塗るのだけど、この日は、色々と考えながら塗ってました。直感でワ~~~ッとしてしまうわたしにしては、考えながら塗るのはとても珍しいので、塗りながらそんな自分は珍しいなと思いつつ塗っていました。

 

f:id:utyuufamily:20161223072911j:plain


《この妖精さんは緑の方は私。
もう一人も私。
二人とも自分♡
二人でハート持ってる。
もう一人の妖精さんは何でか肌色しか塗れない気分なんだけどなんでかな。
・・・そして、ハートをもった私の周りが虹色に輝く》

 


そんなことを思っていました。
このあと、ぬりえセラピーの先生の説明してくれて、びっくりします。


妖精さんの相手に誰を思い浮かべましたか?”と質問されます。
私は”両方自分”って答えました。

 

一人は緑色。

一人は肌色です。


当時の彼の口癖は、《筋肉は緩めた方がいい》
肌色の意味は《筋肉を緩める、受け入れる》でした

その色の話を聞いたら、自分だと言ったもうひとりの妖精は、もう、彼でしかないように思えました。

 

”二人共自分”と答えた私、もうひとりの妖精さんを表す色の意味は彼を彷彿とさせるキーワード。

 

二人で♡をもっている。

 

二人の周りは虹でキラキラ。

 

今後の展開も楽しみになりました。

このイラスト自体は、まったく双子の魂やツインソウルを診断するものではないのですが、私にとっては、彼が双子の魂の片割れなんだと自覚させられるものになりました。