読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたは夢の人ですか?

私と出会う10年前に私を夢で見ていたという夫とのおはなし。

それは本当に”流れ”???パート2

 

よく、目の前におこる都合のよい事象、良くない事象を、”流れがきたから”、”流れじゃないから”と判断する人がいますが、私自身は、全てが”流れ”だとは思いません。

 

目の前の現象は、心の中にあるものが、絡まって出来事として起こります。

自分自身で作っています。

 

それは、今世心当たりがアリアリなものから、魂に絡まっていて自覚のないものまでいろいろです。

 

今回は、

 

”彼の不安”、”彼の希望”、

 

そして、

 

”私の魂の不安”。

 

それが、うまいこと宇宙にオーダーされて、ミックスした状態でこの形になりました。

 

”流れ”というよりも、自分たちが自分で創造したものです。

 

ざっくりとまとめるとこんな感じのものにフォーカスしていました。

 

・この女性(私のこと)は離婚して自分と本当に結婚してくれるのか?(不安)

・この女性(わたしのこと)が、ほかの男性と暮らしているのをみてるのが嫌だ

・インドに行きたい(希望、期待)

・インドは危険が多いので誰かといきたい

・男性といるより女性といるうほうが気が楽。

 

 

・彼が急にいなくなってしまうのでは?(過去世でのトラウマ)

・ほかの女性が邪魔をするのでは(過去世でのトラウマ)

 

 

本当に、面白いくらいに、二人がそれぞれにフォーカスしたものが形になりました(笑)宇宙は、自分自身や、一般的に良い悪いと言われるものは関係ないとして、ただの経験として、意識をしているものを提供してくれます。

 

宇宙にお願いを上げるというのは、簡単にいえば、そうなりたい、そうありたい事柄に意識をフォーカスし続けるということなのだけど、これって、上手にしないと、ちょっと面倒な面もあります。

 

明らかな不安、おそれはもちろんなんだけど、期待とか、希望とか、そういったものの裏にも、不安とおそれがつきまとってることが多いので、こうなりたい・・・・と思っても、こうなるんじゃないか?こうなったら困る・・とか思ってると、宇宙はそちらももれなくオーダーとしてうけとってしまう。

 

今回は、あまりにも、あからさまな、形として出てきたので、笑うしかありませんでした。

 

そういった仕組みは分かっていても、これまでにも体験したことがあって腑に落ちたとしても、相手があることで、相手である彼がなにを選択するのかはまた別の話なので・・・。相手をどうこうはできませんので。

 

この五ヶ月の旅行のお誘いの件は、彼は最終的にはお断りしました。

 

だけど、ほっとしたのも束の間、またお誘いがかかります。

 

そして、彼は、また”行くことを前提”に私に聞いてきました。

 

ここまでくると、バカらしくなってもきました。

 

 

 

 

つい先日、その話でもめてたとこだよね??