読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたは夢の人ですか?

私と出会う10年前に私を夢で見ていたという夫とのおはなし。

あなたがちゃんと旦那さんと別れたら

彼からの返事は、


”いますぐに結婚すると返事はできないけど、別れたくはない”・・・の一点ばり。

付き合い続けたいと言い続けました。

 



「はっきりしないなら、別れる。もう会わない」

そういうと、

 


「俺は、別れるなんて言っていない。

会わないなんて言ってないんだ。

嫌だ!

あなたがちゃんと旦那さんと別れたら、(結婚を)考えるって言ってるんだ。」

 

子供が駄々っ子になっているような感覚もありました。

 

私にとっては、この、本当に信じられるのかどうかも怪しい、とても不確かな中でのお付き合い続行という流れになりました。

 

この8歳年下の彼は、本当にそんなことをおもっているのだろうか?

 

過去世の感情や、魂の設定や、彼の好きな”流れ”に流されているだけではないだろうか。

 

信用してもいいのかな?

 

ただでさえ、年下との異性で辛い思いをした記憶で、今世、わけもわからない小さい時から、勝手に湧き上がるしんどい感情を味わってきていた私。状況がにてくることによって、その感情は鮮明になり、今の自分といつかの自分の境目がなくなっていく。どちらがどちらなのかわからなくなるくらいの同化感。不安は最絶頂でした。



そんななか、ずっとデートしながらも気になっていたことを、彼に聞きました。

 


「いま、これまでの私の状況は、旦那さんにあなたの存在を伝えてあるとは言え、好きな気持ちがある中で二人であっているため、事実上のデートなので、あなたの嫌いな<浮気をしてる女性>であることにはかわりないけど、そんな私でもいいの?」


彼の矛盾、私の疑問を投げかけました。