あなたは夢の人ですか?

私と出会う10年前に私を夢で見ていたという夫とのおはなし。これ以外のいろんな人生の出来事もまるで漫画のヒロインな感じw私の魂の望む人生ってwwww

素直な気持ちに従って動いた

前の前の記事で、二人で会いたいと言われるようになったと書きましたがその後日談。

彼は、「もし会うとしたら、旦那さんに、ちゃんと私(彼のこと)とあうことを伝えてからきてください」そう言っていました。

 

これは、当時、”今世はもう結婚しない”と決めていた彼は特定の人を作らずにフリーの状態でした。

 

フリーである自分のことで余計な心配をしなくてもよいようにと彼なりの女性の配偶者に対する誠意でもあり、相手の女性に対しては、恋愛対象ではないからと、勘違いを防ぐためでもあったそうです。

 

そして、これは、”彼自身今世結婚するつもりがない”ということが”前提”なので、既婚女性だけでなく、フリーの女性にも同様に勘違いのないようにと伝えていたことだったそうです。

(この彼の不思議な謎行動は、後日、機会があり、彼の異性の友人たちに本当かどうなのかの話を聞けたのですが、嘘偽りなく、彼は、配偶者にきちんと紹介され、許可をもらっていたんだそうです。 その女性たちの中には、”あなたも、そうあるといいわね”・・・と言われる方もいました。)


なのですが、それ以前に、もともと、男友達と二人であったりとかしない私は、異性と二人で会うこと自体自分の中のタブーに思いっきり引っ掛かっていましたし、もともと、友人として彼のことをみたいけど、そう見れない何かを抱えていたので、全くそう捉えることはできませんでした。

 

そして、おいうちをかけるように、”そういったこと(二人で会うこと)は嫌だからしないでね”・・・と散々元旦那さんに伝えてきていたのに、なんて顔していえばいいんだ・・・って感じで。


彼のことは大切に想ってもいい。
やっと、そう思えたところ。


完全な友達ならまだしも、今回の彼は、結婚する気がないとはいっても、”私に対しての明らかな氣”、”好き”、”愛”はある。

 


その後も、元旦那さんに何も言えないまま、二人で会うことは”しない”ままでした。

だけど、その間もイベントの打ち上げがあったり、イベント仲間との家族ぐるみでのお出かけがあったりしたので、そういったものには参加していて、彼とは、ほかの人も一緒にという形で何度か会いました。




彼からの毎日のメールは相変わらず続いていました。

おはようから、おやすみまで。

そして、会いたい・・・の文字が並びました。





悶々とした日々は続きました。

そうしたある日、決心します。





やっぱり、私も会いたい。

彼のことは、不思議なことだらけわからないことだらけ、むしろ、苦手なタイプなのに、何故か家族と同じくらいにまで大切に感じてしまうこの人をもっと知りたい。

 

 


後悔はしたくない。

自分の中にある素直な気持ちを認めてあげたい。

彼にやっぱり会いたい。

ほかのリスクと思えること、メリット、デメリットいろいろ考えました。

でも、考えてもそこにあるのは、どれをどうしたとしても"後悔”があるのかもしれないなということ。

 

それなら、自分がいちばんしたいことをやろう。

気持ちに忠実でいよう。

 

 

旦那さんには、

「あなたと同じくらい、

家族と同じくらい、
まわりにいるガーディアンと同じくらい、
大切に思えてしまう方に出会いました」

と伝えました。

 


私にとっては、この一言は、崖から飛び降りるくらいの気持ち。

自分の中に課していたものが自分にとっては、それだけ大きかったからなのですが。

 




彼と出会って二ヶ月目のことです。

(実際の期間的とすると、とても短いように感じますが、過去世の思いが一気に浮上していたことと、彼からの毎日のたくさんのメール、そのやりとりから、私の中では、かなり長い期間がたった感じがしていました。)

 

 

f:id:utyuufamily:20161215153643j:plain

 

一日一日が何万年も生きた感じでした(笑)