読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたは夢の人ですか?

私と出会う10年前に私を夢で見ていたという夫とのおはなし。

多分、読まれてる皆さんの疑問(子供編:上の子の場合)

想いと行動が一致した世界では

魂の片割れ、ツインソウルとの出会いとその当時の心境の変化をかいてみましたが、たぶん、読みながらみなさんが気になるのは、子連れだった私のことや、子供のこと、前の夫のことかなと思います。

 

今日は、一旦、話を中断してそちらに焦点をあてて書いてみたいと思います。

 

私は彼と出会ってから、離婚、子連れで再婚しています。離婚の話を切り出した時、伝えた時、前の夫も、子供たちも、両方の親達も、私の想像を遥か超えた反応、行動をしました。

崖から飛び降りるつもりで、そのままの気持ちを伝えた時、世界は、想像もしない広がりを見せるのだというのを実感しました。


 今回は上の子供について書こうと思います。


離婚の話をしたとき、その日は泣いたのですが、わりとすんなりと状況を上の子は受け入れていました。


子供自身からみて両親は仲がよく、全然そんな前兆すらなかったので、「え?仲が悪かったの?」と聞かれました。実際には、周りから見ても仲良しの方だったと思います。仲が特に悪かったわけではありませんが、少し不満な点はありました。でも、今の夫にあわなければ、前の方とは別れようとはその時点では思ってはなかったし、その不満点が、あの時点での、別れる理由というわけではなかったです。ただ、もしかしたら、時間をおいて、現状変わらずであったならば、もしかしたらそうなっていたのかもしれませんけど、そればっかりは、その時になってみないとわかりません。


子供たちには、純粋に好きな人ができたから離婚をしたいということ、それと、先程も書いた、その時までに感じていた不満だった部分というのはそのまま伝えました。


上の子は「大人の事情はわからんけど、お母さんが真剣なのだけは伝わった!」と、ひとしきり泣いたあと、承諾してくれました。


その帰ってきた言葉に伝えた私がびっくりでした。

  

その後、両実家にも連絡をし、離婚することが許されて、家をでて、彼と子供達と一緒に暮らし始めました。


ちょうど、年末で、中学校の個人懇談があり担任の先生と私がお話しすることになりました。


 その時も、上の子の行動でとてもびっくりすることがありました。


 その話は次の記事で。

 

 


クリックしてくださると嬉しいです♪

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村