あなたは夢の人ですか?

私と出会う10年前に私を夢で見ていたという夫とのおはなし。

現在の彼にときめいた瞬間

イベント終了後、片付けのときに、旅のお土産ももらいました。

 

椿大神社の清めのお塩。

 

そして、立ち上がる瞬間に”ぽん”と軽く頭に手をおかれました。

そのふわっと優しい感じにまたキュンと・・・。

 

これは、過去世ワンシーンがとか、いろいろと見えない世界での出来事をああだこうだと、どうこうとひきずったようなものではなくて、今、目の前にいる彼にたいして感じたようでした。

 

なんか、自分的には、これはまずいかも・・・とリアルにも思いました。

 

自分の中では、すでに、自分の嫌いな許せない浮気のボーダーラインなんてとっくに超えてる状態(お子様レベルのボーダーライン)で、しかも、自分の中で唯一の口実となっていたイベントも終わって、もう会うこともないかなぁと思っていたら、打ち上げをほかの日にやろうよと、別の方からの提案があり、これ以上あったら本当にやばいなと思いながらも、また、会えるんだと思って嬉しくなりました。

 

自分の中の一喜一憂と、帰宅後の生活と、なんかいろいろと自分の気持ち的にも大変でした。

 

だけど、その打ち上げの日をまたずに、二人はばったりと出会うことになりました。

 

本当にミラクルなタイミングで、これ以上ないというミラクルな場所であいました。

 

このめぐり合わせに彼はさらに運命を感じ、ここから、彼の行動が変わっていきます。

 

 

 クリックしていただけると嬉しいです♪ 

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村