あなたは夢の人ですか?

私と出会う10年前に私を夢で見ていたという夫とのおはなし。

⑧同棲スタート

笑っちゃうくらいのミラクル起きた!(彼、就活編の続き)

『Saaya ちゃん聞いて!!ミラクル起きた!!』面接に行った彼から電話がありました。面接に行くと、表記では、従業員は女性5名となっていたのに、実際は女性は、八十代のお婆ちゃん二人と、奥さんだけ。そして、残りは 男の人でした。人数も違うらしい(笑)…

悲劇のヒロインごっこ再び(人生はロールプレイングゲームだ)

職探しをはじめるとは、おもしろいくらいにタイミングよく知人から紹介があって自分たちで仕事を探すことがなかった私たちですが、今回はあえて自分達で探そうとハローワークに行くことにしました。独りで探すと気分が滅入るからと、彼はいつも私も一緒にハ…

仕事を辞めたそのあとは・・・。(続・職探しは振り出しに戻る。

仕事を辞めたら、私の手の痙攣は面白いくらいにピタッとなくなりました。働いていた頃は、仕事と家の往復で誰としゃべる気力もないし、大好きな絵も描きたくないし。 それに、なにかで気を紛らわせたり、ストレス発散しようとしても、何をする気になれないし…

職探しは振り出しに(笑)

4月になったら、正社員として来てほしいと言われてたのが、会社の都合で話が流れて、彼も仕事を探すことになりました。同時期に私のほうも事情により仕事を辞めました。同じ時期に就活かぁーとおもったけど、彼のほうの冬のあいだにおせわになったバイト先…

崖っぷちと楽園のその後

春間近になり、また状況が変わります。私の仕事は色々と思っている以上に私にストレスがかかっていたようでした。ある日、娘に『お母さん手が震えてるよ』って言われました。見ると痙攣おこし続けてふるえっぱなしになっていました。 これまでにどれだけしん…

崖っぷちと楽園

同棲を始めたのは、年末。出会ったのが春でしたので、八ヶ月後には一緒に暮らし始めていました。「お正月は一緒にいたいね」と言っていた彼の願いが叶っていました。同棲をはじめてすぐの冬の間は、ずっと二人とも仕事に追われていました。同棲をはじめてか…

流れにのって、あっというまに同棲生活スタート

元旦那さんに離婚の話をして、家族の了承も得て、両実家の絶大なサポートも受けて着々と話が進んでいきました。 実際に話が進んでいくと、住むところを決める、収入を得なくてはアパートを借りれないので仕事を見つける、子供たちがどちらの親と暮らしたいの…